2013年6月15日土曜日

【愚痴】たまには許して【毒吐き】

お久しぶりです。天瀬です。

色々とblogerを通じて、記事を書いてきましたが、少しだけ愚痴を吐かせてください。


以後、愚痴になるので、そういうのを見たくないかたは読まないで下さい。




実は、就職浪人と化してまして、相当家計状況が厳しい状態にあります。

母親は、家庭的と言えば聞こえはいいですが、仕事や、働き方に対して全く無知です。PC操作に関しても、ほとんど何も知らないと言っても言い過ぎには思いません。

というのも、年齢的には、50代で 「残りの人生は好きに過ごしたい」

という気持ちも分かるのですが、

毎日のように繰り返される 「今何してるの?」「早く就職すれば?」「電気代節約してよ。」「それくらい自分でやれば?」

という言葉、

それと、趣味を全く認めてくれない姿勢。


例えば、好きなアニメを一緒に見ようよ!折角DVD借りてきたし!と言っても、「早く、食器片付けたいんだけど。」「お風呂入って寝たい」「ごめん、分からない」「で?」

とかそういう反応しかしません。

「大学で卒論書くんだけどさ、」 とか相談しても 「ふーん。すごいねー」

しか言われませんでした。

必死に、教授にインタビューして、録音した卒論用の音源を文字に起こしてるのに、 「誰の声?」 俺「教授に時間割いてもらって、インタビューしてきたんだよね。」 母親「ふーん。ご飯出来たよ。」

とかでした。

本当に、家に居る時間が絶望でした。

大学を一度卒業すると、既卒者扱いになるので、「新卒採用」という企業には入れません。

しかし、卒業延期制度を使って、卒業を延期した場合、「何も授業をとっていなくても、学費は払い続ける」というのがあり、卒業当時は「公務員試験」に合格したい。

と思っていたので、卒業して勉強に励むつもりで居ました。

しかし、何かしらバイトをしながら勉強したくて(例えば、カフェで勉強するにしても、交通費と食費がかかります。) それに、何かしら文献を調べるとしても、大学図書館までの交通費がかかります。

なので、近場でバイトを探して、早朝のコンビニで働きながら、時々趣味で遊びに出かけて、いろんな景色を覘いて、図書館で情報収集して....。

というのをしていたのですが、「全然バイト入ってないけど、辞めたの?」とか「寝てる暇あるなら、勉強すれば?」とか「そんな趣味に費やしてるお金あるなら他の事すれば?みんな何してるか知ってるの?」とかそういう言葉を吐かれ続けました。

物凄い精神的ストレスで、

一時期家の中に居ると発作が起こって、ストレスで熱を出して、救急車で運ばれたことがありました。

そういう状況を見ているにもかかわらず、「のど元過ぎれば熱さ忘れる」で、

自分の事しか考えてません。

母親は、社会性が無さすぎるのです。本当に自分の事、家の事しか考えていません。

最近面倒になったので、一切家の中では話をしなくなりました。

何かしゃべりかけると、延々としゃべり始めるので。

今も、ラインか電話か分かりませんが、いい年して、付き合ってる方がいらっしゃるようです。

車にしても、一台をどこか中古で売ったのか分かりませんが、気が付いたら新車に変わっていました。

僕の車は一台もありません。

せめてバイクを買ってほしいと頼んでも、「いや、私は自分でお金溜めて買ったから。あなたもそうすれば?」って言われました。

そういう気持ちが分からない訳ではないのですが、何かが違う。

価値観が全く合わないんですね。きっと。

あー、うぜぇ。ブログに書いてるだけでもうぜぇ。